明日発売の月刊「ファッション販売」6月号は、「似合う!色の接客術」と題して、パーソナルカラーや接客に活かせる色について大きく特集が組まれています。

 

IMG_3137s

 

 

IMG_3138s

 

わたしもこの特集の中で、実践的「新・パーソナルカラー入門」10ページの記事を書いています。

「パーソナルカラーとはそもそも何か」から「イエロー&ブルーベースの考え方」、「色が顔色や印象にもたらす効果」、「4シーズンカラーを使ったコーディネート」まで、現場で使えるヒントと接客トーク例を交えて、わかりやすく解説しています。

 

また、オンワード樫山でのカラー&パーソナルカラーの研修を受けた販売員さんや、日本パーソナルカラー協会の検定を取得された方、マネージャーのインタビューも「色の知識を操る接客の達人」というページで紹介されています。

 

IMG_3143s

 

IMG_3144s

 

ファッションのカラーには答えがありません。なので「パーソナルカラー診断」のような「答え」をそのまま売り場に持ち込むのにはやはり無理があります。でも、たくさんの「似合う」を見つけるサポートに、カラーやパーソナルカラーのセンスが大いに役立ちます。また、見られたい印象、イメージに導くためにもカラーは有効なツールになります。

もちろんファッションは「色」だけではありません。素材やデザイン、ライン、スタイル、そしてトレンド。色々な要素によってコーディネートが完成しますが、時には「色」という視点だけで考えてみると新しいヒントに気づくと思います。

また、「パーソナルな接客」にも、色のスキル、センスは欠かせません。色やパーソナルカラーの知識は、お客様の気持ちや好みを知るためのコミュニケーションツールとしても活用できます。

詳しくはぜひファッション販売6月号をどうぞ!

 

パーソナルカラーセミナー、カラー講習をお考えの方へ

banner_r

 

ファッション、ヘアメイク、ネイル…パーソナルカラーを仕事に活用したい方へ

banner_b

 

パーソナルカラーのスキルアップ、売り上げアップを目指すカラリストの方へ

banner_g

 

あなたに似合う色、なりたい自分にふさわしい色を知りたい方へ

banner_o